CADとはどんなものなのか

CADとは、設計をコンピューターでしたり、その設計をするためのシステムやソフトのことを指しています。「Computer Aided Design」の略になります。製図をするにあたって、手作業で書いていたものが、パソコン上でできるようになったので、昔よりも効率的に作業できるようになりました。

CADのメリットについて

CADのメリットは沢山あります。1つ目は、製図がしやすくなった点です。製図は線の太さを統一しなければならないので、熟練の技を身につけないと作業できないものでした。CADのソフトを使えば、線の太さもパソコン上で設定できるので、誰でもすぐに製図することができます。2つ目はデータとして管理できる点です。データとして残すことができるので、作業がしやすくなり、データを共有して複数の人達で製図することも容易になりました。3つ目は、線の修正が簡単にできる点です。手作業では、1つのミスを直すのも、慎重に作業しなければならなかったので大変でしたが、パソコンでは消したいものを簡単に訂正できるので、作業が効率的になりました。

CADの種類について知りたい

CADには、「2次元CAD」と「3次元CAD」があります。2次元CADは、従来の紙での製図に近く、平面図や立面図を書くものになります。紙の図面でのニーズはまだまだあるので、初心者がまず取り組みたいソフトです。一方、3次元CADは立体的に製図することができます。実際に作りたい建物を立体的に再現することが可能なので、作りたい建物をイメージしやすいのが特徴です。立体的に製図できるので、3次元CADが主流になりつつあります。

電気CADとは、パソコンを使って簡単に設計が出来るソフトです。難しい設計もこのシステムを使う事で簡単に作成が出来ます。